血管

玉ねぎが持つ効能と成分で血液をサラサラにしよう!

【血液サラサラ】玉ねぎが持つ栄養素と効能

玉ねぎには、血液をサラサラにしたり、心身の緊張をほぐしたりと優れた効能を持っています。

この記事では、玉ねぎに含まれている成分や効能についてご紹介します。

また効能を高めるためのコツについても紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
イマークSのレビュー!味や効果を体験レポートしました!
イマークSのレビュー!味や効果を体験レポートしました!中性脂肪値が高くて困っていませんか?口コミで高評価の「イマークS」は血中中性脂肪値を改善する作用があるトクホのドリンクサプリです。実際にイマークSを購入して調査した内容をまとめています。...

玉ねぎに含まれている栄養成分

玉ねぎ(約100g)には次の栄養成分が含まれています。

エネルギー37kcal
タンパク質1.0g
脂質0.1g
炭水化物8.8g
カリウム 150mg
リン33mg
ビタミンB10.03mg
ビタミンB60.16mg
ビタミンC8mg
葉酸16μg
食物繊維1.6g

玉ねぎの効能

玉ねぎに含まれている成分の中には、血液をサラサラにしたりコレステロール値を下げる効能があります。

代表的な成分
  • ケルセチン
  • 硫化アリル

血液をサラサラにするケルセチン

玉ねぎの薄皮に多く含まれている「ケルセチン」。

ケルセチンには、ポルフェノールが含まれており、強い抗酸化作用を持っています。

この成分によって、心身の緊張を和らげたり、血液をサラサラにする効果があるのです。

そのため血栓症や動脈硬化の予防になります。

悪玉コレステロールを減らす硫化アリル

玉ねぎを切ったときに出る辛み成分とニオイのもとが「硫化アリル」です。

硫化アリルはには、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす効果があります。そのため、動脈硬化の予防になるのです。

また新陳代謝を活発にしてくれるので、免疫力を高める働きもあります。

さらに疲労回復作用があるビタミンB1の吸収率を高めるので、ビタミンB1を多く含む食べ物と一緒に食べるといいでしょう。

玉ねぎの効能を高める食材

玉ねぎの効能を高める食材

玉ねぎの効能を高めてくれる食材があります。

納豆と食べて血液サラサラ力をアップ

納豆にはネバネバに含まれているナットウキナーゼが多く含まれています。

ナットウキナーゼには、血栓を溶かしてくれる働きがあるため、血液をサラサラにする効果があるのです。

刻んだ玉ねぎを納豆に入れて食べることで、ケルセチンとナットウキナーゼのダブル効果で血液サラサラ力がアップします。

豚肉と食べてスタミナをアップ

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。

そのため玉ねぎと合わせて食べることで、硫化アリルがビタミンB1の吸収率を高めてくれるのです。

ビタミンB1の吸収率が高まると、体内のエネルギーを効率よく生み出し、疲れにくい体になります。

ゴボウと食べて糖尿病を予防

ゴボウには食物繊維が豊富に含まれています。

玉ねぎに含まれている「ジスルフィド類」と呼ばれるうまみ成分と合わせることで、糖尿病を予防し、血糖値を正常に保つことができるのです。

トマトと食べて免疫力アップ

トマトにはリコピンが豊富に含まれています。

リコピンとケルセチンが合わさると、抗酸化作用が高まり免疫力がアップするのです。

免疫力が高まることで、血管や体の老化を防ぐ効果が期待できます。

玉ねぎの効能を高める調理方法

玉ねぎの調理方法を少し工夫するだけで、栄養成分をたっぷりと摂取することができます。

玉ねぎを丸ごと煮込んでスープにする

玉ねぎの薄皮に、ケルセチンが多く含まれています。

そのため皮付きのまま鍋で煮込んで、スープストックにすると栄養を余すことなく摂取することができます。

玉ねぎを水にさらすときは短時間にする

玉ねぎに含まれている硫化アリルは、水に溶けやすい性質があります。

そのため玉ねぎを水にさらすときは、2~3分程度と短い時間にとどめておきましょう。

また硫化アリルは、熱に弱く加熱すると成分が損なわれてしまいます。

玉ねぎを切って15分程度おくことで、硫化アリルが強くなり炒めても成分が壊れにくくなります。

玉ねぎの選び方と保存方法

鮮度のいい玉ねぎの選び方は次の通りです。

玉ねぎの選び方
  • ずっしりと重い
  • 皮がよく乾燥している
  • 皮にツヤがある
  • 芽が出ていない

玉ねぎの保存方法

玉ねぎを保存するときは、ネットに入れて風通しのいい場所で保存してください。

ネットがない場合は、新聞紙にくるんでください。

また新玉ねぎの場合は、冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。

まとめ

玉ねぎには、血液をサラサラにしたり、血栓症や動脈硬化を予防してくれる働きがあります。

また食べ合わせによって、玉ねぎの効能をアップすることが可能です。

玉ねぎの効能を十分に発揮させるためにも、納豆や豚肉などと一緒に食べるようにしましょう。

人気記事 血液をサラサラにするおすすめの人気サプリ3選

あわせて読みたい
血液をサラサラにする飲み物10選
血液をサラサラにする飲み物15選血流が悪いと動脈硬化や血管を詰まらせる原因になります。血液をサラサラにすることで血行を良くすることが可能です。そこで今回は簡単にできる血液をサラサラにする飲み物を紹介していきます。...
ABOUT ME
田中タモツ [健活ナビ編集長]
自身の体調不良をきっかけに、健康の大切さを知り、健康管理の分野を学ぶ。より深い知識を身につけるため、健康管理能力検定3級・2級資格を取得し健康管理アドバイザーになる。少しでも健康に興味を持ってもらえるよう、分かりやすく役に立てる情報を発信するよう努めてまいります。