スキンケア

毎日スキンケアをしていても古い角質が溜まる8つの原因

毎日スキンケアをしていても古い角質が溜まる8つの原因

毎日スキンケアをしているのに「肌がゴワゴワしてきた」「くすんで見える」といったお悩みをお持ちではありませんか?

それは古い角質がお肌に残っているのが原因かもしれません。

どうしてお肌に古い角質が溜まってしまうのか、その原因を解明して、それぞれにあったケアを進めていきましょう。

古い角質が溜まる原因①
過剰なスキンケア

古い角質が溜まる原因①過剰なスキンケア

古い角質が溜まる原因の一つに過剰なスキンケアがあります。

お肌のくすみ、ごわつきが気になるからと角質を取り除く力のあるスクラブやピーリング、洗顔などを頻繁に行っていませんか?

お肌にはターンオーバーという再生のサイクルがありますが、過剰に角質を取りすぎるとこのターンオーバーが必要以上に早まってしまします。

するとまだ十分にお肌を守る力のない細胞が肌表面に出てきてしまい、乾燥、肌荒れなどのトラブルの原因に。皮脂を過剰に出してしまう原因にもなり、カサついているのにニキビができるといった肌質にもなりやすくなります。

古い角質が溜まる原因②
スキンケア不足

反対にスキンケア不足でも古い角質は溜まりやすくなります。

クレンジング、洗顔料できちんと汚れを落とせていますか?

毎日のメイクや汚れをしっかり落とせていないと古い角質の原因になってしまいます。

クレンジングはメイク汚れを、洗顔料は余分な皮脂をと、それぞれに落とす役割が違いますので、メイクをした日はかならずどちらも使用するようにしましょう。

また、しっかり保湿をしないと古い角質が溜まりやすくなります。

テカりが気になるから、暑いからと保湿を怠らずに、常にお肌が潤っている状態を目指しましょう。

古い角質が溜まる原因③
紫外線の影響

古い角質が溜まる原因③紫外線の影響

紫外線も古い角質が溜まる原因になります。

紫外線を浴びると、お肌は紫外線から細胞を守るために肌を分厚くしようとします。

その結果古い角質が剥がれ落ちにくくなり、肌表面をゴワゴワした古い角質が覆ってしまうようになるのです。

また、紫外線はお肌の水分も奪い、乾燥を招きます。

冬場やちょっとした外出のときだけでも日焼け止めだけはしっかり塗り、1年中紫外線対策を行うようにしましょう。

紫外線をたっぷり浴びてしまった日の夜はシートパックをするなど、いつもより保湿ケアに力を入れてください。

古い角質が溜まる原因④
加齢

年齢を重ねると、お肌のターンオーバーの周期も自然と遅くなってしまいます。

正常なお肌のターンオーバーは28日周期くらいと言われていますが、それが30日、40日と遅くなることで、お肌表面にいつまでも古い角質が残ってしまう結果に。今まで気にならなかったのに年齢を重ねるにつれてくすみやゴワつきが気になりだしたという方は、スキンケアを年齢に合わせて変えていく必要がありそうです。

エイジングケアに特化したもの、古い角質に作用してターンオーバーを促進してくれるものなどをチェックしてみましょう。

古い角質が溜まる原因⑤
摩擦

古い角質が溜まる原因⑤摩擦

洗顔をするとき、洗顔料をそのままお肌にこすりつけていませんか?

このような摩擦は肌にとって刺激となります。刺激からお肌を守るために皮膚を厚くしようという力が働いて、お肌に古い角質が溜まってしまうようになるのです。

お肌への摩擦は日常生活の色々なところに隠れています。

洗顔だけでなくその後タオルで顔を拭くとき、化粧水をコットンでつけるとき、ファンデーションをスポンジで塗るときなど。できるだけお肌をやさしく叩くようにして、摩擦を起こしにくくするのも大切です。

洗顔は泡立てて泡を潰さないように、タオルは水分を吸い込むように、ファンデーションはブラシでふわっと乗せるようにするなどの方法を取り入れてみてください。

古い角質が溜まる原因⑥
肝機能の低下

肝臓は体の代謝を司る器官です。

この肝機能が低下すると、お肌の代謝も悪くなり、くすんだりゴワついたり、古い角質が落ちにくいお肌になってしまいます。

さらに肝機能が低下すると解毒作用も弱まり、菌が繁殖しやすい環境に。ニキビなど肌荒れの原因にもつながります。

肝機能と深く関わりがあるのはアルコール。日頃お酒をたくさん飲むという方は、こんな意外なところから古い角質を溜まりやすくする原因を作っているのかもしれません。

お酒を飲む頻度を下げる、肝臓に優しい食べ物を摂取するなどのアプローチもしてみましょう。

古い角質が溜まる原因⑦
胃腸トラブル

古い角質が溜まる原因⑦胃腸トラブル

胃腸のトラブルも、お肌のターンオーバーには影響を与えています。

胃腸は食べたものを消化、吸収して栄養素を体全体に運ぶ役割を果たしています。

しかしこの胃腸にトラブルがあり消化、吸収がうまくできていないと、お肌にしっかり栄養を運ぶことができません。

また、老廃物も溜まりやすくなり、代謝の悪化にも影響が。古い角質が溜まって肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

暴飲暴食を控える、乳酸菌などお腹に優しい成分を含む食べ物、サプリメントを摂取するといったケアもおすすめです。

古い角質が溜まる原因⑧
ビタミン不足

美肌に効果的な成分と言えばビタミンですよ。

ビタミンを配合しているスキンケアコスメもたくさんありますが、食べ物からのビタミンの摂取も大切です。

ビタミンはお肌の新陳代謝を促す力があります。

ビタミンが不足しているとこの力が弱まり、新しい細胞が生まれにくい肌質に。そうなるとどんどん古い角質が肌表面に溜まっていってしまうのです。

野菜、フルーツなどを積極的に摂取し、足りない分はサプリメントなどで補うようにしましょう。

ビタミンには様々な力がありますが、毛穴にお悩みならビタミンC、肌の代謝を高めるならビタミンA、ビタミンB、ビタミンの働きをよりよくしたいならビタミンEと、まんべんなく摂取する必要があります。

古い角質の原因別にケアしていこう

古い角質が溜まる原因を8つご紹介いたしました。

スキンケアから食生活まで、お肌のゴワつき、くすみの原因は日常の様々なところに隠れています。

やみくもにスキンケアをするのではなく、自分の古い角質が溜まってしまう原因をしっかり知ってケアしていくことで、より効率的に古い角質の溜まりにくい、綺麗なお肌を目指すことができます。

ABOUT ME
健活ナビ編集部
「健康管理」を通じて、「自分や家族の健康を守り、日常生活を楽しく穏やかに暮らす」ことをコンセプトに情報を発信していきます。