ダイエットには運動が必要だとわかっていても、運動が苦手だったり、忙しくて運動する時間がなかなか取れなかったりします。

運動しないで痩せることができたらよいのですが、栄養面やリバウンドも心配です。

運動しないで痩せるためにはどのようなことに気をつけるべきなのか、運動しないで痩せるためのダイエット法などについて紹介していきます。

運動しないで痩せることは可能なの?

結論からいうと、運動しないで痩せることは可能です。
痩せるためには、摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければよいのです。

人は安静にしていても、生きているだけでカロリーを消費しています。

この安静時の消費カロリーは基礎代謝量と呼ばれており、厚生労働省では、30代から40代の成人女性の平均的な基礎代謝量はおよそ1,140kcal(体重52.7kgとした場合)と発表しています。
ということは単純に、1日に食事から摂取するカロリーが1,140kcalを下回っていれば痩せることになります。

実際には、運動せずに摂取カロリーだけを抑えると、体は脂肪だけでなく、筋肉なども分解してエネルギーにしてしまうため、徐々に基礎代謝量は下がり、摂取カロリーを更に下げなければ痩せなくなってしまいます。

こうなると一生少食で過ごさなければならず、健康面にもリスクが伴います。

ダイエットには運動もした方がいいといわれるのは、早く痩せるためもありますが、筋肉をつけて基礎代謝量を上げるメリットもあるためでしょう。

「運動しないほうが痩せる」という話は本当?

これも結論からいうと、運動しているよりもしていない方が痩せます。

運動の強度にもよりますが、通常運動をすれば脂肪が燃え、体重は徐々に落ちていきますが、運動によって筋肉が増えてくると、体脂肪率が下がっても体重が減らない現象が起こります。

運動をしなければ筋肉はつかず、むしろ加齢とともに減っていくため、筋肉分の体重が減ることになります。

食事の制限は必要

運動しないで好きなだけ食べていては、痩せることはできません。
運動しなくても痩せるためには、必ず食事制限をする必要があります。

実際にダイエットにおいて食事制限は運動よりも重要で、運動で消費するカロリーに比べれば、食事制限で糖質や脂質をセーブする方がダイエット効果は大きいのです。

ただ、一時的に体重さえ落とせればよいのか、メリハリのある女性らしい体型でなく、脂肪も筋肉も落ちてしまってもよいのか、一生少量しか食べられず、普通食に戻したとたんにリバウンドしてもよいのかをよく考える必要があります。

食事制限だけのダイエットよりも、運動しつつ食事制限をした方が、スタイル維持と健康維持、リバウンド防止の3方からメリットが得られるのです。

運動せずに痩せる方法

上で挙げたような理由から、運動せずに痩せる方法はあまりオススメしませんが、どうしても運動が苦手だったり、ジムやダンス教室に通う時間もコストもかけられない、という人もいるでしょう。

その場合、わざわざ運動せずに「日常生活の活動強度を増やす」ことで、運動しながらダイエットしているかのような状態に近づけることは可能です。

食事制限をしつつ、運動せずに日常生活の活動強度を上げるには、次のような方法があります。

生活編

電車や車利用をやめて、徒歩や自転車にする

わざわざスポーツウェアに着替えて、早起きしてジョギングする時間はなくても、通勤などの帰り道に1駅前で電車を降りて歩いて帰るくらいならトライしやすいはず。
数駅程度なら電車や車の利用をやめて、自転車に切り替えるのもオススメです。

エレベーターやエスカレーター、椅子を使わない

エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使ったり、待ち時間に椅子に座らず立っているだけでも代謝量は上がります。
立っているときは姿勢よく、階段は早足で昇り降りするのがポイントです。

体にフィットする洋服を着る

体型を気にして、ゆったりとした体のラインが出ないシルエットの服ばかりを選んでいると、服の中で体が怠けてしまいます。
あえて体のラインが目立つ服を選ぶことで、外出中も緊張感を持って行動できるため、普段の生活における活動強度を上げることができます。

食事編

よく噛んで食べる

食事の際に早食いをせず、ゆっくりとよく噛んで食べることで食べ物の消化吸収がよくなり、体に栄養が行き渡ることで、少量の食事でも満腹感が得やすくなります。
血糖値が上がる前に食べ過ぎることを防ぎ、よく噛むことであごなどの引き締め効果も期待できます。

五大栄養素をバランスよく摂る

1回の食事で、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・無機質の五大栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。
体に必要な五大栄養素のうち、どれかが不足していると、たくさん食べても物足りなさを感じるため、食べ過ぎる原因となりやすいのです。

主食は最後に食べる

パンやご飯、パスタなどの主食は、体内に入るとブドウ糖に分解され、エネルギーとして使われない分は脂肪となって蓄積されてしまいます。
吸収をゆるやかにするために、野菜や汁物などを先に食べ、主食はある程度お腹を満たしてから最後に少量食べるようにしましょう。

寝る3時間前からは何も食べない

体内で余ったエネルギーは、寝ているときに吸収されやすくなります。
消化が終わっていない状態で眠るのは内臓に負担をかける原因にもなるため、少なくとも寝る3時間前には食事を済ませ、できるだけ消化のよい軽い食事にするのがオススメです。

まとめ

運動をせず、絶食すれば体重は落ちていきますが、体に必要な筋肉や血液の量も減り、飢餓感を覚えて次の食事で脂肪をより吸収しようとしてしまいます。

同じ体重でも、適度な筋肉のついた体は引き締まって美しいものです。

健康的に痩せるために、できれば食事制限と日常生活の強度を上げることにあわせて、軽い運動も取り入れることをオススメします。