ダイエット

皮下脂肪を減らす8つのダイエット方法!

皮下脂肪を効率よく減らす3つの落とし方

お尻に太もも、下腹部に二の腕。
体についた皮下脂肪は、数日食事制限をしたくらいではびくともしてくれません。

皮下脂肪を落としたくてダイエットをしても、余りの落ちなさに挫けてしまいそうになりますが、皮下脂肪の落とし方にコツのようなものはあるのでしょうか。

ここでは、皮下脂肪が落ちにくい原因や、効率よく減らすためのポイントなどについて紹介していきます。

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。

まずは、この違いについて考えていきましょう。

皮下脂肪が皮膚の下につく脂肪なのに対して、内臓脂肪は内臓のまわりにつく脂肪です。

内臓脂肪

内臓脂肪とは文字通り内臓につく脂肪のことですが、内臓の中に脂肪がつくわけではありません。
内臓脂肪がつく場所は、「腸間膜」と呼ばれる小腸を固定している膜の空洞部分です。

食事で摂り込んだ脂肪は小腸から肝臓に吸収され、エネルギーとして利用されます。
そして利用されずに余った脂肪は、ストックとして溜め込まれていきます。

小腸や肝臓、腸間膜はお腹の近くにあるため、内臓脂肪がたくさんつくと、ポッコリとお腹だけが目立つようにせり出すのが特徴です。

皮膚よりも深い部分に脂肪がついているため外からつまめず、お腹にも段ができにくくなります。

皮下脂肪

内臓脂肪が主に腸間膜につくのに対して、皮下脂肪は皮膚の下につきます。

皮膚のすぐ下についているため手でつまむことができ、俗にいう「三段腹」になるのは内臓脂肪よりも皮下脂肪が多い体型です。

内臓脂肪が生活習慣病のリスクを高める注意すべき脂肪であるのに対して、皮下脂肪がついていても内臓疾患の影響は比較的少ないものです。

あわせて読みたい
皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?それぞれのアプローチ方法を解説
皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?それぞれのアプローチ方法を解説自分の体のことをよく知り、それに合わせたダイエットを行うことはとっても大切。そのためには、あなたが悩んでいる脂肪が皮下脂肪なのか内臓脂肪なのかを確認しておかなければなりません。似ているようで役割や落とし方も全く異なる、皮下脂肪と内臓脂肪の違いについてご紹介いたします。...

皮下脂肪が付いてしまう原因

皮下脂肪がついてしまう原因はいたってシンプルです。
摂取するエネルギーに対して、消費するエネルギーが少ないことによって起こります。

ただ人によって、皮下脂肪がつきやすい、つきにくいといった差があるのも事実です。

一般的に女性は男性よりも皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。
子宮や卵巣などを守るために、下腹部や腰回りに肉がつきやすいという説もありますが、相対的に男性に比べると女性は筋肉の量が少なく、筋肉で取り込む脂肪の量が男性よりも少ないためでもあります。

同じ女性同士でも、筋肉量の多い人の方が少ない人よりも皮下脂肪はつきにくいのです。

内臓脂肪はつきやすい反面、落ちやすく短期間の食事制限や運動で改善が見込まれます。
ですが皮下脂肪はつきにくい反面、落ちにくいものです。

皮下脂肪が多い人は短期間の不摂生で一気にたくさんついたのではなく、時間をかけて徐々に蓄積しているので、落とすにも時間をかける必要があります。

皮下脂肪を減らす8つの方法

皮下脂肪を落とすための近道はなく、地道な食事制限と運動により、徐々に落とすしかありません。

少しでも効率よく皮下脂肪を落とすためには、これから紹介する8つの方法を実践してみましょう。

1.筋肉トレーニング

皮下脂肪を落とすのにまず重要なのが筋力トレーニング。

女性はとくに筋肉が少なく、日頃から運動習慣がない方も多いですよね。

筋肉はエネルギーを消費するのに役立ちます。エネルギーは脂肪から作り出されますので、筋肉があればあるほど脂肪が燃えやすい体に変化します。

また筋力があると、日常生活のちょっとした動作でもカロリーを消費しやすくなるのです。

これを「基礎代謝」と言いますが、基礎代謝が高ければ高いほど皮下脂肪を落としやすい体ということに。

皮下脂肪を落とすのには有酸素運動も大切ですが、より効率的に皮下脂肪にアプローチするなら筋力トレーニングは欠かせません。

痩せたい部分の筋力を鍛えるのではなく、大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝も上がりやすくなります。

お腹、背中、太ももには大きな筋肉がありますので、腹筋、背筋、スクワットなどのトレーニングを始めるようにしましょう。

あわせて読みたい
女性も筋トレ!皮下脂肪を落とす効率的なトレーニング
女性も筋トレ!皮下脂肪を落とす効率的なトレーニング筋トレというと男性がするものだと思っていませんか?実は女性にとっても筋トレは大切!その理由や、皮下脂肪に効率的にアプローチできる筋トレ方法をご紹介いたします。...

2.有酸素運動

皮下脂肪にアプローチするには有酸素運動も大切です。

ですが有酸素運動はどちらかというと内臓脂肪を落とすのに効果的。

皮下脂肪まで落とそうと思うと、かなり長時間、長期間有酸素運動をしなければなりません。

育児や仕事でそんな時間を取れないという方は、やはり筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせるのが最も効率的です。

筋力をアップさせ、脂肪が燃えやすい状態にしてから有酸素運動を行うことで、短時間でもしっかり皮下脂肪にアプローチしてくれますよ。

とは言ってもどちらもすぐに効果が出るものではありません。

皮下脂肪を落とすには、長い目で計画を立てることも大切です。

3.マッサージ

皮下脂肪は長年放置していると肌の表面がデコボコしてセルライトになってしまいます。

このセルライトを作るのを防ぐためには、マッサージが効果的。

リンパの流れをよくして、セルライトが作られるのを予防しましょう。

マッサージにはクリームなどを使って滑りをよくし、毎日しっかり行うようにしてください。

また、マッサージはあくまでリンパの流れ、血液の流れをよくしてセルライトやむくみを解消するものであり、脂肪を減らす直接的な効果はないということも理解しておいてくださいね。

皮下脂肪そのものを減らすには、やはり食事制限、運動が必要です。

4.漢方薬

運動以外でも皮下脂肪を落とす方法はたくさんあります。

その一つが漢方薬。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬は、肥満、高血圧、むくみに効果があると言われています。

この漢方薬を飲むことで脂肪が燃えやすくなり、皮下脂肪を減らし、溜めにくくすることに役立つのです。

この防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は市販で手に入れることもできますが、漢方薬とは言え副作用がないというわけではありません。

他に薬を飲んでいるという方は、医師に相談して処方してもらうようにするのが一番です。

5.ストレス発散

ダイエット中は食べたいものが食べられなかったり、慣れない運動で疲れたり何かとストレスが溜まりがちです。

ストレスは血流や代謝を促すホルモン分泌を妨げる原因にもなります。

カラオケやヨガ、ダンスなど、楽しんで体を動かす趣味を作り、週1回程度は甘いものやお酒も解禁するなどして、極力ストレスを溜めないようにしましょう。

6.入浴

皮下脂肪は体を冷えから守るために蓄積されます。

つまり体が冷えやすい人ほど皮下脂肪がつきやすく、落ちにくくなってしまうのです。

それを改善するためには、体をしっかり温める必要があります。

毎日シャワーだけで済ませる、さっと湯船に浸かるだけという方は、しっかり湯船で体を温める習慣を身につけていきましょう。

半身浴も効果的ですが、時間を短縮したい方は熱めの湯船に数分浸かり、数分休憩、さらに湯船に…というサイクルを繰り返す高反復浴もおすすめです。

たっぷり汗をかくくらい入浴すれば体も温まり、皮下脂肪をため込む必要がないと体に思わせることができます。

入浴以外にも、冷えやすいお腹、足元を温めるようなファッションを心がける、厚着して眠るなど、体が冷えない工夫をどんどん取り入れてくださいね。

7.良質な睡眠

睡眠不足も代謝を妨げるもとになるので、ダイエット中はしっかりと睡眠をとることも大事です。

良質な睡眠が取れているかどうかの目安は、朝スッキリと目覚めて、体の疲れが取れている感覚があるかどうかです。

目覚めがよければ、多少睡眠時間が短くても構いません。

8.食生活の改善

ダイエットの基本とも言える食事制限。運動ができず消費カロリーを増やせない場合は、食事制限で摂取カロリーを抑える必要があります。

ですが、やみくもに食事の量を減らすだけではリバウンドの原因になってしまいます。

ただしく食事のことを理解した上で食事制限を行いましょう。

食事制限を行うためには、まずは食欲を抑える必要があります。

食欲を抑える方法
  • 常にお水をたくさん飲むこと
  • きなこ豆乳など腹持ちがよく栄養価の高い飲み物を飲むこと
  • 食事に使う食器は青いものを選ぶ

などの方法があります。

さらに良質な筋肉を作るタンパク質は必ず食事に取り入れること。鶏肉、赤身の肉、豆腐、納豆にはタンパク質が豊富です。

これらは筋肉を作るのに効果的で、尚且つカロリーも低いためダイエットには最適の食材です。

また、糖質を抑えることも食事制限の基本。

糖質を摂取しすぎると皮下脂肪がつきやすくなると言われています。

白米などの炭水化物は厳禁ですが、さつまいもなどのいも類、甘い果物にも糖質はたくさん含まれているので、注意するようにしましょう。

また、年齢を重ねると「脂肪」の分解や燃焼させる力が衰えてしまいます。
脂肪を燃焼する力が高まることで、同じ運動量でも脂肪を減らす効果が大きく変わってくるのです。

皮下脂肪を減らすサポートサプリで効率よく落とす

「シボヘール」は、お腹の脂肪を減らしたい女性の方に支持されているサプリメントです。

多くの女性に人気がある理由が次の3つです。

①葛の花由来イソフラボンを配合

シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」には、次のような力が備わっています。

  • 脂肪の合成を抑制してくれる
  • 脂肪の分解をサポートしてくれる
  • 脂肪の燃焼もサポートしてくれる

②機能性表示食品で機能性や安全性が証明されている

シボヘールは、「機能性表示食品」の分類されるサプリメントです。

機能性表示食品とは、様々な研究論文によって、科学的根拠が証明され、なおかつその機能性や安全性が消費者庁に届出されている食品のことです。

そのため、機能性や安全性が証明されているので、安心して飲むことができます。

③送料無料で続けやすい価格設定

シボヘールは高品質のサプリメントですが、価格が高いと続けるのが困難ですよね。

シボヘールでは、通常1袋3,218円が初回限定980円で試すことが可能。容量もたっぷり4週間分入っています。

シボヘールはこんな人にピッタリ
  • お腹の脂肪が気になる
  • 皮下脂肪がなかなか落ちなくて悩んでいる
  • 最近肥満気味になってきた
  • BMIが高めで改善したい
  • 運動しても脂肪がなかなか減らない

皮下脂肪を減らすシボヘールを見てみる

※初回返金保証つき

皮下脂肪を落として女性らしいスタイルを目指そう

女性につきやすいと言われている皮下脂肪。皮下脂肪は長年じっくりかけてついていく分、落とすのにも時間がかかります。

しかし諦めずに皮下脂肪を落とす方法を実践していれば、いつしかシュっと引き締まった綺麗な体を取り戻すことができるでしょう。

筋力トレーニング、有酸素運動、食事制限、体を温めるといった、今回ご紹介した方法をぜひ実践、継続してくださいね!

余計な皮下脂肪を落とし、女性らしいスタイルを手に入れましょう。

皮下脂肪を減らすシボヘールを見てみる

※初回返金保証つき

あわせて読みたい
自宅でできる腰回りの肉を落とすダイエット方法5選
腰回りの肉を落とす!自宅で簡単5つのダイエット方法40代になって腰回りの肉が目立つように。ウエストや腰回りに肉がつくと女性らしいラインが失われて切なくなりますよね。この記事では腰回りの肉を自宅で簡単に落とせるダイエット方法について紹介しています。...
ABOUT ME
健活ナビ編集部
「健康管理」を通じて、「自分や家族の健康を守り、日常生活を楽しく穏やかに暮らす」ことをコンセプトに情報を発信していきます。